MENU

結婚相談所に入会するには、公的な証明書が必要

結婚相談所に入会する時には、
さまざまな個人情報の書類の提出が必要になります。

 

最近では、結婚相談所のように装った出会い系サイトもありますし
お金儲けの為の詐欺まがいの結婚相談所もあります。
結婚相談所の選択は取り寄せた資料を元に慎重に行って下さいね。

 

希望する結婚相談所が決まったら次は会員登録です。
必要な提出書類は資料に書かれていますが、
この時にも、取り寄せた資料は役割を果すので
資料請求は必ずしておきましょう。

 

まずはどんな物が必要になるのか気になると思います。
一般的に必要とされる書類をご紹介します。

 

 

独身証明書

本籍地の役所で発行してもらいます。
窓口は戸籍などの書類を発行する窓口になります。
入会希望の結婚相談所の【独身証明申請書】で申請できます。
また、申請は本人となっています。
余裕をもって申請をしましょう。

 

勤務先・または身分証明書

これは、主に男性に課せられる提出書類になりますが
無職でない事の証明として勤務先が発行する在職証明や
社員証などに当たります。

 

収入証明書

これも、主に男性に課せられる提出書類です。
結婚相手の年収などは結婚の条件にも入ってきます。
入会後のプロフィール作成の時の裏付けにもなるので、
審査時から提出を求められます。

 

現在ではまだ、男性の主夫は少なく生活費の配分は
男性の方が多いのが現状です。
その為、男性の仕事や収入の開示が必要不可欠となっています。

 

最終学歴の証明

学歴の証明の為に卒業証書の提示を求める結婚相談所もあります。

 

以上の書類を元に書類審査が行われます。

 

必要書類が多いほど、安心して婚活できる

少し面倒に感じるかもですが、この書類提出が細かい程、
逆にあなたのお相手になる方も十分な審査に通過した方という事になります。

 

あなた自身の安心にも繋がる規定なので、
お互い様という思いで気持ち良い心持で
提出されて下さいね。

 

書類提出で審査に通ればいよいよ入会です。

 

入会後は、提出された書類を元にプロフィールの作成や
希望を伺うヒヤリングなどなどが待っています。

 

入会作業はスムーズに、1日でも早く済ませたいものですよね。
取り寄せた資料を元に、また不明な点は事前に問い合わせをするなどして、
提出書類に不備がないように、十分な準備をしてくださいね。

 

 

必要な書類が細かければ細かいほど、
多ければ多いほど、安心して婚活が出来る証明です。

 

 

逆に、必要な書類がない婚活サイトは、どちらかというと出会い系サイトになります。。
世界的な恋愛サイトにはマッチドットコムなどがあります。

 

但し、婚活も自己責任になります。。

 

今現在、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡に住んでいるひとはパートナーエージェントが良いかも♪

せっかくお金を払って結婚相談所に入会するなら、出会いの数よりも
本当に結婚できるところの方が良くありませんか?

パートナーエージェントなら成婚できる婚カツができると評判です♪

結婚相談所選びは、最初に資料請求から始まります。

パートナーエージェントはオリコンランキング顧客満足度NO1(結婚相談所業界)

 

パートナーエージェントの詳細はこちら

 

結婚相談所に入会する際に必要な書類、証明書などは何ですか?関連記事

地域密着型結婚相談所のメリット
結婚相談所と所属団体の関係ってどうなっているの?
大手結婚相談所オーネットやツヴァイと地域密着型結婚相談所の違いとは
身分証明書と独身証明書
結婚相談所のサービスと種類はどうなっている
結婚相談所と出会い系サイトの違いって何!?
結婚相談所 誠心(SEISHIN)の本当の口コミや評判ってどうなの?
大手のデータマッチング型結婚相談所とパートナーエージェントの違い
婚活パーティーで結婚相手が見つかる!?
データマッチンッグシステムは向いている人と向いていない人がいる!?
アイキューピットのあまり良くない口コミや評判
パートナーエージェントとオーネット、ツヴァイなどの大手結婚相談所との違い
ブライダルネットのホントの口コミや評判は?
パートナーエージェントと他の結婚相談所を比べると!?
結婚相談所究極の選択!?「ツヴァイとオーネット」どっちが良い?
離婚歴のある男性は意外と人気!?広がる恋愛力格差
サンマリエ結婚相談所の悪評はないの?
婚活女性必見!あなたが求める「普通の男性」はいない!?
ノッツェ(NOZZE)結婚相談所ってどんな感じ?パートナーエージェントVSノッツェ
マッチ・ドットコムってどうなの?必見!婚活する前に知っておきたい本当のところ
あなたが結婚できない理由は?会話が続かないからという勘違い